ピエール瀧の逮捕は電気グルーヴファンにとっては残念だが、ピエールが「真面目」だと思われていたほうがショックだった

こんばんは。

今朝、珍しくテレビをつけたら目に飛び込んできたのは「ピエール瀧容疑者 逮捕」という物であった。

最近、久しぶりに電気グルーヴブームが個人的にやってきて、昔の曲を聴いていた。

曲を聴いてはいい年をして「俺ガリガリ君!」と騒いでいた。

そんなピエールが逮捕されたのだ、私以上にコアなファンにはショックなニュースであっただろう。

私が電気グルーヴを知ったのは十数年前、当時やっていたオンラインゲームで知り合った人がテクノマニアであった。

その方から「電気グルーヴはいいぞ」と教わって聴くようになった。

テレビでは「俳優として…」という話を聞くが、あまり俳優のイメージはない(天才で多才なので卒なくこなしている感じは想像に難くないが)。

そんな折、ツイッターで「ピエール瀧さん真面目そうなのに…」みたいな意見があったというものを目にした。

 

 

ライブ映像見た事ありますか??

 

 

 

 

 

フジロックで名曲富士山を熱唱したときの様子です。

ピエール瀧はアーティストであり、マイクを持って歌うがヴォーカルではなく「パート ピエール瀧」とまで言われていた。

このように呼ばれるようなパフォーマンスをする男が「真面目」だと思われていたことに驚きを隠せない…。

最近はメディアへの露出が増えていたみたいで、アーティスト、いや電気グルーヴのピエール瀧としての姿があまり認識されていないのは悲しいですね…。

下手したら、あのパフォーマンスは薬をやっていたからなのでは!?と思うようなものも多いです。

相方の卓球さんは卓球さんでまたぶっ飛んだ方なので、これまたあらぬ疑いをもたれそうですが、そうではないと信じています。

あれだけぶっ飛んでいても、みなさんご存知Shangri-laのようなめちゃくちゃカッコいい曲も作っているところがまた魅力的です。

コカインなので常習性も高いでしょうし、今後テレビで見ることはほとんどなくなるかもしれませんね。

もちろん、音楽活動もなくなる、最悪解散もあり得ます。

電気グルーヴの音楽もですが、他にはないピエール瀧という人間が消えるのは非常に悲しいですね。

また電気グルーヴの音楽が聴けることを楽しみに待つことにします。