トレーニーはApple watch, AirPods pro, iPhoneの三種の神器をオススメする

こんにちは。

最近までアメリカ出張に行っており、そこで前々から欲しかったApple Watchを購入した。

私は週3くらいで筋トレをするが、トレーニーにとってApple Watch, AirPods pro, iPhoneの三種の神器はあるのとないのでは全然違うなと思ったので紹介したい。

何が良かったかという結論だけ見たい方は飛ばして欲しい、少し購入に至る経緯についても話したいと思う。

何故Apple Watchを買ったか

購入に至った理由は「睡眠管理をしたい」という単純なものだった。

自分の睡眠が本当にきちんと取れているのか、単純に興味があった。

前回アメリカに行った際にFitbitの購入を考えていて結局買えなかったので、悩んだ挙句Apple Watchを買う事にした。

Fitbitはどちらかというとスポーツをする人のためのスマートウォッチという印象だ。
また睡眠管理だけに特化させるのであれば、Fit bitの方が良いらしい。

買おうと思っていたのはVersa 2だ。

Special Editionが欲しかったが、中々安くならずに諦めた。

というか、前回出張時に年に1回のPrimeデーにぶち当たったのに、仕事が忙しすぎて全く気付かなかった。

どうやらこの日にVersa2が$150程度まで落ちていたらしい。

これが悔しいのと同時に、運命じゃなかったと思ってあきらめた。

どのApple Watchを買ったか

モデル

アメリカで買うとなると、

  • Apple Watch 3
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch 6

が主に出てくる。

まず3だが、断トツで安い。

ただちょっと古すぎる(機能うんぬんは抜きで)ので却下となった。

何となくApple製品はモデルが古いとバッテリーの持ちが悪かったり、後から出るiOSに対応しなくなる可能性がチラつくからだ。

SEと6の一騎打ちになったが、結果的には6の44㎜、GPSを購入した。

この2つが今出ているApple watchでは最新だが、2つの違いは

  • 選べるケース素材(6は3種類)
  • 常時点灯(6は可能)
  • バッテリーの持ち(6の方が少し良い)
  • 血中酸素濃度測定(6は可能)

が主なものだ。

ケース素材は6だとステンレススチール、チタニウムも選べるが、どこかの記事で「少し重くなる」と見たので結局アルミニウムにした。
何より素材を良くすると値段が跳ね上がる、2万くらい上がる。

常時点灯も便利かなと思ったが、今はOFFにしてある、理由はそんな頻繁に時計を見ないからだ。
傾ければ点灯するし、全く不便に感じていない。

バッテリーの持ちは比較できないからノーコメント、でも結構持つなと感じている。
2日くらいなら充電しなくても余裕で持ちそう。

血中酸素濃度も買ってから1度だけ測定したが、それ以来使っていない。

結局、SEでもよかったかなと思っている、値段も1万円くらい違うし。

iPhoneもSE2を使っているし、やっぱりSEシリーズは最強だなと痛感している。

ちなみに6にはhelmesモデルがある。

かっこいいしこれ買おうかなと思ったが、値段が高すぎてやめた。

これならSEIKOのASTRONを買いたいなと思った。

ちなみにhelmesモデルはバンドがカッコいいのと、専用の文字盤(時計表示)が使用できるらしい。

GPSかGPS+Cellularか

GPSかGPS+Cellularかという議論もあったが、これはすぐにGPSでいいなと思った。
理由は時計に月額払う意味が分からないし(Cellularは簡単に言えば単体で通信できるようになる)、時計単体で電話したり通信したい事はないなと思った。

あとは単純にCellularモデルにすると値段が少し上がる、月額300~500円(キャリアによって異なる)かかる上に本体の値段が上がるほどのメリットを全く感じなかった。

私も勘違いしていたが、Apple watch単体で音楽再生することはできない。

ペアリングしているiPhoneで流している音楽の簡易コントローラーにしかならない。

単体で聞く場合にはCellularにして通信している状態でPodcast等を開く必要がある。

40㎜か44㎜か

私は44㎜を買ったが、これは正解だったと思う。

サイズが大きくなると圧迫感だったり、重さを感じることがあると目にした。

あと値段も4000円くらい違う。

ただ私は男だし、筋トレしているので身体もそれなりにデカいし指も太い。

これより文字盤が小さかったら操作しにくいだろうなーと思う。

サイズに関しては、店頭でつけてみる事をオススメする。

何故トレーニーにお勧めか

結論から述べると、スマホを見る時間が圧倒的に減り集中力が滅茶苦茶上がる。

最近ジムに行くと、インターバルでスマホを弄る人が増えた。

やる気がないというよりかは、人間の心理としてスマホを触ると色々と確認したくなるのだと思う。

かくいう私も、以前は音楽(特にYoutubeとかで流していると)を変更するときスマホを触るとみている時間が長かった。

Apple watchを手に入れてからはスマホはロッカーのバッグで時計のみ、音楽をONにしたら筋トレが終わるまでスマホは見ない、というスタイルになった。

これによって集中力が切れなくなったし、筋トレの時間も短くなった。

ストップウォッチを良く使う方も、Apple watchからならめちゃくちゃ簡単に使える。

AirPods proを勧める理由だが、単純にiPhoneとの親和性が良い。

音質は普通だが、ノイズキャンセリングはめちゃくちゃ良いし、軽い。

買う前までは「高いし、ドライヤーだし微妙じゃね?」と思っていたが、買ってからはこれなしでは生きていけない。

あまりに良かったからAirPods Maxの購入も考えたが、さすがに高すぎてやめた、パンティに6万は高い。

AirPods ProとApple Watchの組み合わせの良いところは、時計から

  • ノイズキャンセリング
  • 外音取り込み
  • ノーマル

を切り替えられるところだ。

Apple watchが無い場合、イヤホンを長押しすることでノイキャン⇔取り込みを切り替えられる。

またノーマルモードには切り替えられない(私がしらないだけかも)。
使う場面はほぼないが、単純に音楽を聴くだけならノイキャンはいらないし便利かもしれない。

高いセットだが、オススメ

AirPods Proはイヤホンにしてはまあまあ高いが、Apple watchとiPhoneは値段を抑えようと思えば抑えられる。

Apple watchはSUICAにしても便利そうだなと思う、ただ日本の改札は右側でタッチするようになっているので、私のように左手に時計を付ける人間には逆に不便かもしれない。

またApple Payも2プッシュで起動できて、コンビニの支払いがめちゃくちゃ楽になった。

これは予想外だったのだが、iPhoneで設定したアラームが鳴る/止められる。

手首から音が鳴り震えるので、ほぼ確実に起こされる。

手元で直ぐに止められてしまうので、2度寝した場合は絶望的だが。

それに関連して、タイマーが手軽に設定できるのは非常に便利だなと思った。

筋トレの時には使わないが、昼寝をするときに非常に役に立った。

仕事の合間とか、昼休みに眠くなった時にショートスリープを積極的に取れるようになったのも良いなと思った。

ちなみに私はアメリカでこのような充電器を$30くらいで購入した。

日本に売っているかわからないが、非常に便利だ。

Apple watch, AirPods Pro, iPhoneを1つで充電できる、場所も取らない。

1つ難点としては、スマホケースを選ぶ。

私のスマホケースは背面にカードを入れられるものなので、家で充電するときは毎回外している。

筋トレで中々集中できない、スマホを弄りがちという方には、初期投資としてぜひ検討して欲しい。