高齢者が若者の未来を奪う現代

こんにちは。

昨晩、渋谷で大きな事故がありましたね。

池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

この手のニュース、最近ちょくちょく出てくるんですが、めっちゃ腹立ちませんか?

今回の件に限って言えば、昔秋葉原であったテロと何ら変わりがないような気がするんですが違いますか?

記事の書き方にも左右されるんですが「あーどうしたんだろう」って言葉、死ぬほど腹が立つんですけど私だけですか?

どうしたんだろうじゃねーだろ…、あなたのせいで何人もの若者の未来が消えたんだぞ。

加害者を知る人たちの言葉も「あんな事件が起きてしまって」と他人事のように。

本来なら防ぐことのできた事故なだけにニュースを目にするたびに心苦しくなります。

もし自分がなくなった母娘の旦那だったら…と考えるとはらわたが煮えくり返ります。

加害者は87歳、罪に問われたとしても正直何の痛みもないと思います。

その代わりに加害者の家族は一生その十字架を背負って生きていかないといけないでしょう。

しかし被害者の方々の親族は、十字架を背負ってもらったところで何のありがたみもありません。

以前からこういう事件があるたびに「免許の返納~…」と騒ぎ出しますが、今回の件で終わりにしましょう。

返還を義務付けて、罰金を科すか、親族のどなたかが連帯保証人のような形で保証している場合にのみ期間限定で交付するなど。

起きてしまった後にごちゃごちゃ言うのは嫌ですが、もともと半分耄碌していて危険だとわかっていた加害者の家族の方は、何故免許を返還させなかったのでしょうか?

不思議でなりません。

法律が許すのであれば、同じ状況にして死刑にしてもいいんじゃないでしょうか。

それで被害者の親族の方々の心が晴れるわけでは全くないのですけどね…。

私が同じ年になるくらいには、おそらく完全自動運転が完成しており、65くらいで免許の返還が義務付けられているでしょう。

完全自動運転になるならもっと早くてもいいかな。

今回の件が許されてしまうのであれば、70超えたサイコジジイが出てくるようになったら殺人が半分合法化(違法なんですけどね)されてしまう気がするんですよね。

明日は我が身、車のこの手の事故は「自分の運転技術なら大丈夫でしょう」と高を括っている人間の方が起きやすいイメージです。

飲酒運転の入り口も大体そんな感じですよね。

今回は池袋という都心に近い場所で起きたため、かなり大きなニュースとして取り上げられています。

こういった高齢者による事故は、大小あれど日本各地で起きているのではないでしょうか。

インフラとして交通機関が日本のいたるところにある以上、免許を返還させて、永年無料で乗れるなどの施策を取るための予算を確保して欲しいものです。

私の地元は2時間に1本バスが通れば良いという田舎ですが、車を運転できる方が助け合って買い物行ったり、バスを利用していますよ。

予算がつかないため、バスの値段が法外的に高いですが、それでもシニアの方の利用は通常より安くなっています。

タクシーじゃないですけど、個人レベルでご高齢の方を送迎するために使用する車や地方の交通機関に対して、もっとお金をかけて免許の返還を促すべきです。

まぁ、自動車の所有をやめる人が増えると税収が減るので、やらない可能性は高いでしょう。

被害者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

今回の増税によって、増税分で免許返還の制度を作るのであれば喜んで賛成します。