転職して1年、年収が倍になって思う事

超絶お久しぶりです。

昨年は怒涛の1年で、本当にあっという間に過ぎてしまいました。

2019/8から転職活動を始め、2019/10に決まり、2020/1から新たな職場、現在2021/1…早すぎる。

まず昨年の12月末に源泉徴収票を受け取って驚愕したのですが、年収がほぼ2倍になっていました。

前職は安かったが、3年目にしては少なくはない額だったと思います。

一応、転職に際して想定年収というものが提示されるわけだが、その額よりは+100以上あった。

この想定年収も残業月40くらいの想定での額であったが、ゆうに超えてきた。

これは主に海外出張と、コロナのせい?おかげ?なのですが、それがあったとしても全然超えていました。

ちなみに残業も、前職よりははるかに増えて月平均で20~30くらいはしていたのですが、想定していたよりは少なかったです。

年収が増えて思ったこと

まず、お金が貰える仕事はそれに比例して大変だなという事です。

仕事の大変さに付随して、責任の重さも感じました。

入って約半年で海外出張にまさかの3か月ほど行ってきたのですが、時差があることもありHQの支援が思ったより得られなくて困ったことも多かったです。

初海外、初時差、初客先、初左ハンドル…初だらけで行った当初は滅茶苦茶大変でした。

ただ、この経験を入って半年ほどでさせてもらえたのは非常に自分の自信にもなりましたし、今後仕事をする上でのモチベーションになったことは間違いありません。

まだ会社の事、自社製品の事をそこまで知っていない私でしたが、現地では「何とかしないと!!」とガムシャラに頑張ったことは通常の業務では得られない経験でした。

またやったこともない画像処理だったり、向こうにいる間はコードを読んだりと、元(今は実装していないので)ソフトウェアエンジニア、設計者から開発者に職を変えて一皮も二皮も向けたような気がしています。

今の会社は給料もですが、やりがいも非常に感じています。

今は半導体業界がかなり盛り上がって波に乗っているという事もありますが、今の調子で上手くいけば自社はもっと伸びていくと確信しています。

波に乗りつづけられるかどうかを、私が入社したときに一緒に入った方やその前後で入った方たちで、平均年齢も低く若手がみんなで支えていて活気(と若干の疲れ)を感じます。

今年1年もわかりやすく忙しくなりそうですが、頑張りたいと思います。

年収が倍になって思う事

とりあえず物を買うときに気にすることが無くなりました。

なんというか、選択肢が単純に広がりますね。

元々物欲はそんなになく「どうせ買うなら高くても長く使いたい、イイもの」という親譲りの思考だったのですが、この買うときの選択が広がったので逆に無駄遣いが減った気がします、気がします。

あとは英会話に通ってみようかなとか、趣味の筋トレのために色々なsupplement買ってみたり…、気になることには躊躇なくお金が使えるようになりました。

逆に必要なもの以外は捨てようと思えて来たので、今後は積極的に断捨離を行おうと思います。

それ以外は全然変わらないですが、家が欲しくなりました。

お金が増えるとお金のことを考えるもので(税金高すぎて笑えない)、固定費を考えるとやはり家賃は大きいし、いい方は悪いですがドブにお金を捨てているような気がしてきました。

住宅ローン控除もあるし、資産形成だと思って家を買う事を考えだしました。

今までは全く考えていなかったことが選択肢として出てくるので、お金はやっぱりすごいなと思います。

転職はやはり考えた方が良い

半導体業界という周りからとやかく(特にメーカーだと)言われがちなところに転職しましたが、結果としてはしてよかったと思います。

どうなるかはやはり転職してみないとわからないので、若干のギャンブル要素はあります。

少なくとも、今いる環境からは変化がありますし、その変化によって自分の能力が前後(できれば伸びる方に良くなって欲しい)し、考え方にも変化があります。

何が正解かはわかりませんが、今いる環境をどうにか変えたいと思ったら考えてみるのが良いですね。

一昔前だったら「転職なんて!」と言われそうですが、そんな時代でもないので転職はしやすいですし。
(あくまで現時点で転職してよかったと思っている男の戯言です)

転職はでも何か軸を持って考えた方がいいです。

とりあえず抜け出したい、だと転職したあとに続かない可能性が高いです。

今後について

今年の目標は何でしょうか…もう少し英語が話せるようになりたいですね…。

またしばらくしたら海外に行きますが、出来る限りブログは更新します、たぶん。

あとは別で記事を書きますが、少しお金の勉強もしたいなと思っています。