完全無欠コーヒー生活を初めて3ヶ月くらい経つが、未だに胃もたれが酷い

2019年9月18日

こんばんは。

ひょんなことから始めた完全無欠(バター)コーヒー生活ですが、約3ヶ月ほど経ちました。

題名にある通り、未だに胃もたれが酷いです。

そりゃあバターとオイルのダブルパンチが空腹の胃に直撃するわけですから当たり前ですよね…。

次第に慣れるという文言を目にしたが、半分は事実

この胃もたれは始める前から結構気にしていましたが、始める前に情報収集を行ったとき

「確かに最初は胃がもたれますが、次第に気にならなくなります」

という文言を見かけた。

これに勇気づけられた始めたが、確かに初日は胃もたれがひどすぎて午前中は仕事になりませんでした。

早く飯の時間になれ…何かを胃に入れれば良くなるはずだ…、そんな事を思いながら午前中を耐えしのぎました。

確かに日を追う毎に空腹感も、胃のむかつきも減って調子が良くなりました。

が、一番の問題は完全無欠コーヒー生活が2日空いた次の日です。

土日の朝が早くて朝食が食べれなかったり、家に居ない場合などの月曜日は特に辛いです。

元々飲み始めた理由の中に「仕事のパフォーマンスを上げる」という側面があるのに、半日、ながければ1日以上は胃もたれに悩まされます。

少し間が空いた日はバターとMCTオイルの量を減らした方がいいかもしれません。

コーヒーによって味が違う

私は結構コーヒーが好きなのでsirocaの全自動コーヒーメーカーを使用しています。

これで毎朝挽きたてコーヒー(最近は粉が多い)を淹れて飲んでいます。

コーヒーを淹れている間、カップにバターを二片入れ、MCTオイルを目分量で注ぎ、コーヒーを淹れ撹拌機で混ぜる、という作業が朝起きてすぐに待っています。

しかも今でこそThermosの420mlのマグカップを使用していますが、それまではamazonのマグカップを使用していたため、混ぜるときに細心の注意を払わないと必ず飛び散ります

じゃあ混ぜなければいい、と思う方もいるかと思いますが完全無欠コーヒーはこの撹拌作業が一番重要だと思います。

この作業を怠るとバターが上手く混ざらず、泡が立たずクリーミーさが出ないためかなり飲みにくい仕上がりになります。

攪拌しないとオイルが胃にダイレクトに刺さる感じもあります。

あと、私はsirocaを使用しているのですが、メッシュタイプなので酸味が出やすい気がします。

全自動であっても、ペーパーの物で淹れた方がバターコーヒーにするのであればよいかもしれません。

追記:安いコーヒーは使用しない方が良い?

コーヒーは何でもよくない?という意見も見られますが、個人的には新鮮なコーヒー豆を使用した方がいいと思います。

コーヒーはどうやらカビが生えやすいらしく、カビの生えたコーヒーは不味いだけでなく普通に体に悪いらしいです。

私はアマゾンで1.5㎏で2700円くらいのコーヒーを買って飲んでいましたが、近くのコーヒーショップで豆を買うようになってからはもう戻れません。

当たり前ですが挽きたての方が美味しく、好みも選べます。

バター、オイルなんかは量が買えるので原価を抑えられますが、コーヒーは一番値段の幅が広いので迷いどころですね。

私は挽きたての豆をお勧めします、その方がコーヒー飲むときテンションが上がりますし。

胃もたれや胃痛を軽減するためにデカフェコーヒーも試しましたが、デカフェの方がカビが生えやすく、味も個人的にはダメでした。

若干の辛抱は必要だが

慣れてくるとたしかにお腹も空きにくくなり、午前中のパフォーマンスは上がります。

お腹が空いた時はガムかんだり、お茶を飲めば昼食までは余裕で持ちます。

また、私の場合はグラスフェッドバターを5キロ単位で買っているためバターコーヒー一杯あたりの値段はおそらく200円もしません。

以前の朝食は大体300~400円であった事を考えるとかなりコストパフォマンスも良いです。

ただし、先に述べたような問題点を乗り越えられる場合ですが。

少しお金はかかり、胃もたれに悩まされる可能性が大ですが、試してみる価値はあると思います。

あまりにもたれて逆にパフォーマンスが下がるようであれば即刻辞めるか、バターとオイルの量を見直したり、少し牛乳を入れたりするとよいかもしれません。