男もとい漢である私を奮い立たせたのは、いつでも「モテたい」という気持ちだった

こんばんは。

あんなに残業しないと言っておいて、やたらと仕事が突然降り掛かって来て残業しています。

そんな話はさておき、最近男としての生きる気力が足りていないなと感じます。

おそらく、やりたいこと、考えること、考えたくないけど考えないといけないことが増えたため、自分に余裕がないのが原因だと思います。

かと言っても、体型維持するためにスポーツや筋トレ、水泳などはできる限り行くようにしています。

「一番の原因はなんだろう…」

そう考えたときに、思い出したのは中学生時代のことでした。

 

中学時代、以前書いたかもしれませんが私は生徒会長、部長、学年で常に成績TOP3という立場でした。

これはひとえに「女の子にモテたい!!」という強い気持ちだけで動いていました。

今思えば「ベクトル間違えてるな~」と思いますが、それでもモテたい、という気持ちによる僕の行動力は異常だったと思います。

朝6時に置き、朝練に行き、夕方6時まで部活をし、そこから塾に通う、そんな生活をほぼ3年間していました。

土曜日も朝5時から夕方まで部活をしていました、本当に異常です。

楽しかったのもありますが、基本的には「モテたい!!」という気持ちがベースでした。

今はどうだろうか。

仕事がそこそこ忙しく、家に帰ってもなんとか奮い立ってトレーニングの日々。

女性に関してもそこまで興味がない。

これでは駄目だ!

実はこれ、1ヶ月ほど前に感じていました。

なので私はそこから

「女の子にモテたい!!」

という気持ちを、この歳にして少しずつ持つようになりました。

不思議なことにそう思い始めてから、食生活や行動力が少しずつ変わってきました

簡単なところでいうと「このだらしなくなった体をなんとかしよう」と思い、最近頭を酷使する仕事が多いためチョコレートばかり食べてましたが、チョコレートを控えるようになりました(あくまで減らしただけ)。

運動の量も増やしました。

あととあることを今やっている最中です。

こちらは結果が出たら?良いと思ったら?報告しようと思います。

しかし、行動の変化が見られたことから「モテたい」と思う事はいつになっても凄いパワーを発揮しているなと思います。

個人的に「モテたい」と思うことが重要でこれが「かっこよくなりたい!」って思うと急激にハードルが上がる気がします、あくまで個人的にですが。

おそらく「かっこよくなりたい」だと、行動の幅が狭まり「何をしたら良いのかわからない」「自分がやりたいことが直結しない」となるためだと思っています。

自分がやりたいことを「モテるため」と思うと急激にやる気が出ます。

もし、現在私みたいに忙しくて何もやる気がでない。

帰ってきても疲れてぼーっとしてしまう。

楽しくない。

と思う方いたら、この思考方法を使ってみてください。