もし本気で体型を変えたいと思うなら、知識は絶対的に必要なので一読して欲しい

こんにちは。

以前の記事で、私は元110㎏のデブだったが気合(モテたい気持ちと復讐心)で20kg以上の減量に成功したと書きました。

元110kgのデブが考える絶対に痩せるために必要なもの

最後に「フィットネスに関する知識はあった方がいい」と書きましたが、ダイエットに必要な基礎的な知識を説明し、知識が必要な理由をわかっていただければと思います。

  • 近々でダイエット・減量を開始する
  • 現在ダイエット中で今後どうしたら良いか困っている
  • ダイエットに興味がある

方に一読いただけたらなと思います。

知らないと困る知識1:どうすれば痩せるか?

これは当たり前ですが消費カロリーが、摂取カロリーを上回れば良いのです。

3歩進んで2歩下がるといった感じで、消費カロリが3歩で、摂取カロリーが2歩なら1歩だけ前に進んでいきます。

この繰り返しによって、身体に蓄えられているエネルギーが消費されていき、痩せていきます。

なので痩せようと考えると

  • 消費カロリーを増やす
  • 摂取カロリーを減らす

のどちらか、またはどちらも実行すればいいことは容易に分かります。

前者は簡単で、筋トレをして筋肉量を増やせばよいのです。

消費カロリーを増やす、言い換えると代謝を良くするためには筋肉量を増やす必要があるのです。

なのでダイエットをする上では筋トレ、ジム通いは避けて通れない道であります。

「ジム通い・筋トレじゃ痩せない」という経験をお持ちの方へ

ただし筋肉が増えたところで、食べる量も増加していたら一生痩せません。

後者も簡単で、食べない、もしくはカロリーの低いものを努めて食べるようにすればよいのです。

世間一般でゆるふわぽっちゃり女子が言う「ダイエット」は大体これですね。

ただ、こちらの場合は痩せるんですが、消費カロリーも徐々に減っていきます。

これを理解していないせいでリバウンドが発生します。

知らないと困る知識2:何故リバウンドするのか

実は食事を減らすことで消費が上回ると、人間の体は脂肪や代謝の素である筋肉を分解してエネルギーにします。

人間の体とは残酷なもので、脂肪よりも筋肉の方を多く分解してエネルギーにしてしまうのです。

リバウンドの仕組みとしては

食事を減らす→消費>摂取で痩せる→筋肉が減る→消費も減る→痩せたと思って摂取を戻す→その時には消費<摂取で太る

という事です。

一生食事の量を減らし続ける、または太らない量の食事しか絶対に取らないのであれば、この方法でもいいと思います。

美味しいものも食べたいですし、ドカ食いするときもありますよね。

女性の大好きな甘いものも、カロリーえげつないですし。

カロリーは最高の調味料だと思っているので、美味しいものを食べたいけど体型を変えたい、維持したいのであれば筋トレは必須です。

筋トレを避けてダイエットを行うのであれば、リバウンドは必至です。

知らないと困る知識3:ダイエットには停滞期がある

これも地味に大事なんですが、どんなダイエットをしても痩せない時期が必ずあります。

私のファスティングからのダイエットの場合、1~2週間目くらいが顕著に痩せなかったです。

何故痩せないのか?これは身体が「あかん、これ以上痩せたら死んでしまう!」と栄養を蓄えようとするからです。

これがいわゆる停滞期で、この事を知らないと「やっぱり痩せないわ」と中途半端であきらめてしまいます。

何ならこの停滞期、身体が浮腫むので体重が増えたりします。

ですが逆に言えば順調に落ちている証拠なので、そこからあと2週間くらいは続けて欲しいです。

2週間後には別の体型が待っているはずです。

知っておいた方が良い知識1:チートデイ

これは知らなくても何とかなりますが、知っておいた方がダイエットのモチベーションがあがります。

ダイエット関連の話を調べていると「チートデイ」という言葉を目にすることがあると思います。

これはその名の通り「チートして良い日」のことで、具体的には一日中好きなものを好きなだけ食べて良いという事です。

私がボディビルダーの友人から聞いた話だと「できるだけ食べたほうがいい」という事でした。

ではなぜチートデイが必要か、やってもいいのか?というとこれは先ほどのリバウンドの話と少し関連があります。

食事を減らすと、筋肉がついても代謝が落ちていきます。

なのでどこかのタイミングで摂取カロリーを増やすことで、代謝を上げる(維持する)必要があるのです。

どかっとカロリーを摂取すると身体が「うおおおお、エネルギーにするぜぇえええ」と言った感じで代謝が上がるわけです。

なのでチートデイはなくても痩せていくのですが、できれば設けた方がいいです。

私も本気でダイエットしていたころは、毎週水曜日か飲み会がある週は金曜日をチートデイにしていました。

アルコールが筋肉を分解してしまうため、本当は飲み会も良くないのですが、息抜きも兼ねて、個人の趣味レベルのダイエットであれば許してあげましょう。

初歩的な知識を知ると、ほかの方法が知りたくなる

他にも色々あるのですが、長くなるのでとりあえずこの辺にしておきます。

で、今上にあげたような簡単な知識でも身に着けると「じゃあ次はこういう体型を目指すにはどうしたら良いのだろう」とダイエットや筋トレに関する知識を身に着けようという姿勢が勝手に身に付きます。

私の場合で言えば「あまり太くしたくないけど、ベンチで自重くらいは扱えるようにしたい」という目標を立ててメニューを組みました。

筋トレメニューに関してはネットに色々な方法が載っており「背中なら〇〇が一番」等ありますが、個人によって体の構造は違うため、情報収集して「これよさそう、やってみよう」と試してみるのが一番だと思います。

有名な話だとマッスル北村さん、BIG3と言われるベンチプレスでは全く胸筋がつかなかったが、ダンベルフライを始めてからあの胸筋を手にしたとのことです。

とまぁ人によって合う合わないはあるので、この先どうなりたいかは自分で情報収集を行い、実践してみるべきだと思います。

自画自賛ではありませんが、この記事を読んだ人と読んでない人では、同じダイエットメニューを行ってもモチベーションの保ち方や継続力にだいぶ差があるのではないでしょうか。

減量の助けになれば幸いです。