キャッシュレス社会に合わせて、財布をabrAsusに代えてから1年経過したので使用感をレビュー

こんばんは。

今までずっと長財布を使っていたのですが、昨今のキャッシュレス・電子マネー社会に合わせて財布を小さいものにしたいなと思いました。

そこで財布をabrAsus(アブラサス)に買えました。

結論だけ先に述べると、荷物が減りましたし滅茶苦茶快適になりました。

それ以上に無駄なカードは多いし、現金は思ったより使わないなと痛感しました。

最近の支払い事情(オススメできる方)

私は

  • クレジット(ID含む)
  • PayPay
  • 楽天Pay

での支払いがほとんどです。

電子マネーが使えるところはほぼIDが使えるので、最近はほぼIDしか使っていないです。

AppleWatchを手に入れてからはApplePayでの支払いがほとんどです。

電子マネーはスマホだけで良いという利便性がありますが、決済までに少し時間がかかるのが難点ですね、開くのも面倒ですし。

上記のような方で、現金をあまりに使わない方にはオススメできる財布です。

良かった点

まずは荷物が減りました。

2つ折りの長財布に比べると重さも半分以下ですし、カードの枚数は半分以下になりました

財布の中身を精査するとあまり使わないカードも入っていたり、スマホアプリに移行できるものも最近は増えているので、3~4枚あれば良いなと感じました。

これに合わせてカードの整理も出来ましたし、スマホのアプリの整理もしました(私だけかもしれませんが)。

お尻のポケットに入れていても全く気にならない大きさなので、圧迫感もなくスマホと財布だけで出掛けることが苦じゃなくなりました。

小銭がMAX15枚入るようになっていますが、この容量を超えることは稀ですし十分すぎると感じました。

気になる点

まずはカードをMAX5枚入れておくと、3枚にしたときとかに少し革が伸びてカードいれが緩くなります。

名刺+カード4枚で使っていますが、たまにプラスチックの診察券などを入れておいて忘れると、少し伸びてしまいます。

常に4~5枚で運用していれば気にならないです、精査しても4枚くらいは使うと思うので。

海外出張に行く際は持って行ってないのですが、アメリカはもっとキャッシュレスですし、逆に現金しか使えないところは小銭のおつりが大量に来るので向いていないかなと思いました(全部チップで渡せばいいだけですが)。

財布の買い替えを検討しているなら、一考の価値あり

長財布は便利ですが、現金を使う事も減っていますし、今後はもっとそうなっていくと思います。

小さすぎてカバンに入れておくと何処に行ったかわからなくなるくらい小さいです、荷物の負担が減りました。

たいていの人は財布の中に6枚以上のカードが入っていると思うので「本当に足りるのか?」と感じるかもしれませんが、意外と何とかなります。

電子マネーでの支払いが増えていて、財布の大きさが気になってきた方はぜひ手に取ってみて欲しいです。

余談ですが、海外(アメリカ)は、なんだかんだマネークリップの方が便利かなと思いました。

次Oregonに行くことがあったらこれを買ってみようかなと思っています。

マネークリップも日本では普及していきそうでかつ便利そうなので、使ってみたいと思います。