韓国との国交断絶を現実的に考えてみた(調べてみた)

こんにちは。

最近、毎日会社に来てから軽くニュースをみると外交問題ばかり…。

韓国だけならずロシアまでも問題になっていますね。

ロシアはもともと強いので「日本、弱気になるな…」という感じですが、韓国に関しては「腹立たしい、調子に乗るな」という感情しか生まれません、私だけでしょうか?

直近で目にした記事だと「韓国がまた嘘をつく」ですね、呆れます。

最近はBLOGOSで韓国関連のニュースを読むことが多く、コメントにも目を通すのですが非常に勉強になります。

Yahooあたりのニュースだとより多くのコメントが付き、口々に国交断絶が叫ばれています。

ふと思ったのが「国交断絶ってそんなに簡単にできるのか?」という事です。

なので調べてみたのですが、こちらがヒットして読んでみたところ非常に考えさせられました。

韓国との「国交断絶」は可能なのか?

国交断絶と口にするのは簡単ですし、日本国民は納得しますが「世界的」に見ると先に口に出すことは恥ずべき事なのですね。

この視点は全く持っていませんでした。

また「何をもって国交断絶」と定義するのかは非常に大きな問題であるとも感じました。

韓国との「全てのやり取り」を止めればいい、というのは言うは易しですが、実施したところでその実態がどうなるかは不透明です。

これらの議論をすることで必要だと考えられるのが

・アメリカの協力

・諸外国からの賛同

といったところでしょうか。

国交断絶はどちらから言い出すにせよ、韓国は日本との関係が切れたら北朝鮮(とその向こうにいる中国、ロシア)と密になることは必然です。

そうなると有事の際に頼れるのはアメリカになるので、アメリカとの外交にまず力を入れる事が重要だと考えます。

もう1つ問題があり、それは世界にどういう印象付けを行うかという点だと思います。

韓国の場合、日本側から投げかけた場合「ほらね!日本ってひどい国ですよ!許していいんですかこんなこと!」と叫びます(隣国に泣きつきます)。

向こう側から提案した場合でも「日本は酷い国だ!」と変な印象操作を繰り返し行って、自分たちの行動が正しい事を主張するでしょう。

どちらにせよ、主張してくることは間違いないので「周りがその主張に見向きもしない状況」は作っておくべきかと思いました。

日本は臆病だ、何も言わない、と思われいるからつけあがるので「何もいわない日本流のやり方」で反撃しましょう。

手っ取り早いのは何も言わず段階的に措置を取る方法かな、と思いました。

輸出輸入の話は利害が大きく絡むので置いておき、とりあえず就労ビザの発行あたりを止めてみてはどうだろうか。

本来、段階的に行うのであればもっと早い段階から行うべきでしたが今更言っても仕方ないためすぐにでも始めましょう。

譲歩して少しずつ「お前ら、この行動をとった意味がわかるな?」と知らしめて行けば周りも「あれだけ譲歩したのにまだ韓国は…」となるのではないでしょうか。

「あんだけやられたのにそれだけしか返さないのかよ!」と思われたら最悪ですが。

 

ちなみに私は右でも左でもありません。

韓国に関して言えば、とある年に1年間で韓国ドラマ30本以上見ましたし、大学のときの一般教養で韓国の歴史と食文化を取っていました(成績はSとAでした)。

しかもひょんなことから韓国からの留学生と一緒にスノボに行き、スノボを教えたこともあります。

なので韓国人全てが悪!すべて排除せよ!とは到底考えていません。

ただ今回の件に関しては国そのものが少しやり過ぎていると感じるので、何かしらの制裁は必要だと考えています。