“ミニマリスト”の本質は”マキシマリスト”ではないだろうか

こんにちは。

家のノートではもはや記事を書く気にならない(重すぎて)ので、会社のPCから書いています。

最近、仕事がひと段落ついて勉強しながら仕事をしています。

目標としては「コードの可読性を上げつつ、無駄なコードを減らす」を掲げています。

そのため勉強しながら実装を行っています。

コード量を減らす事≒ミニマリストを目指す事?

何故コード量を減らしたい、と考えたかと言えば新人の頃に書いていたコードのリファクタリングを行っていたからです。

今でも特別綺麗に書けるわけではありませんが、いやー酷いですね。

そもそも知識が少ないのでコードをゴリゴリ書きすぎなんですよね。

「それ、この関数とかライブラリ使ったら1行よ?」

なんて部分もゴリゴリと自作しています。(それはそれで良いのかもしれません)

で、とあるレビューで、中堅の方が

「今は如何にコードを書かないかに重きを置いている」

という話を聞き、その日を境にコードを書かないための知識を増やすようにしました。

で、現在のリファクタリングはそういった作業を重点的にやっているのですが

「こんだけ書いていたコードが、これだけで完結するのか」

と、先人たちの努力や技術の進化に驚く日々です。

プログラミングの技術は日進月歩でどんどん増えていきますからね。

また、最近「ミニマリスト」という言葉をよく目/耳にし、関連した記事やブログを読むことが多いです。

そんな折に思った事は

「ミニマム、ってマキシマムを知らないと測れないのでは?」

という事です。

マキシマムを知っているからこそたどり着けるミニマム

ミニマリスト関連の記事等を読んでいると

「貧乏くさい」

「貧乏人の戯言」

などと言われているのを目にする一方

「最小限のものだけあれば生きていける」

「金持ちは物を持たない」

という反論を目にします。

これはどちらの言い分も正しいと、私は考えています。

ただ、若干反論側は詭弁というか2つのタイプが居て

「(私は金持ちで、ある程度のものを買って試した結果)最小限のものしか持っていない」

のか

「(だって必要ないって目にしたし、実際使わないでしょ?だから)最小限のものしか持っていない」

という違いがあるのではないでしょうか。

前者は明らかに経験に基づく発言のため、説得力もありますし、周りは

「ぐぬぬぬぬ…」

と黙ってしまうわけです。

金もちは物を持たない、という意見にしても

「(必要な物はお金で解決すればよいから)持たない」

のか

「(そもそも使わないようにすればよいから)持たない」

のではまるっきり意味が異なります。

例えば喉が渇いたときに、水筒を持ち歩くのか持ち歩かないのかという話で言えば、前者は

「喉が渇いたら水を買って飲めばいい」

後者は

「喉が渇いたら我慢すればいい」

と極論で言えば見えなくもないです。

私で言うところの「スマホのモバイルバッテリーを何処にでも持ち歩く」です。

コンセントが使える喫茶店に入るか、安いモバイルバッテリーを買う(こんな人ほとんどいないか)、とお金があれば簡単に解決します。

私の場合、勿体ないと思ってしまうのと自分のタイミングですぐに充電したいので持ち歩いています。

結果的に、外出するときは少し荷物が多くなってしまいます。

これもミニマリストの方からしたら「何を無駄な…」と思われるのかもしれませんね…。

少ないものでやり繰りする事は重要

結局「お金でどうこうすれば良い」と考えて物を持たないのと「持っているものでやりくりをすれば良い」と考えて物を持たないことがある意味で背反であるゆえに、ミニマリストが変な批判を浴びることが多いのです。

おそらくそこの線引きをうまーく伝えることが重要かと思います。

例えば私は無駄なものを買わないように心がけてはいますが

「これ面白そう」

「これがあったら、少し楽になるかもしれない」

と考えて物を買うことが多いです。

この直感で買った結果

「これは買ってよかった」

「これからも使い続けよう」

と思えるものに沢山出会いました。

消耗品に関しても、私は一度気に入ったものをひたすら使い続ける傾向があるので買いだめします。

もちろん、逆もいくつかは存在しています。

「なんでこれ買ったの…」

というものがですね。

私の考えとしては

「ミニマリストを名乗るのであれば、自分が実際に使ったものが必要かどうか検証した上で、要るものと要らないものを分けてくれ!」

と思うのですよ。

とはいえ、ミニマリストの考え方は倣うべき点が多いので取り入れていこうと思う

この記事を書こうと思ったきっかけは直近で引っ越しを控えているからです。

物は少ない方ですが、整理していると

「あぁ、これはこういう経緯で買ったなぁ」

「(今使っているものを見ながら)昔はあれ使ってたなぁ」

と思うことが多いです。

この機会にミニマリストを見倣い

「必要がないものは徹底的に捨てよう」

と決心しました。

その中で

「これは買ってよかった」

「使い方によっては買った方がいい」

「不要」

「こっちの方がおすすめ」

くらいの分類で自分への戒め紹介出来ればと考えております。

ミニマリストの方の様に

「必要だと感じたものを大切に扱う」

「不要なものを減らす事で、自分の時間を作る」

という考え方は素晴らしいと感じました。

私も見習い、無駄な出費を減らしたいものです。